事前の知識で失敗しないアパート経営

どういう違いがあるの管理代行とサブリースの違いをご紹介

アパート経営において、どの管理会社を選択するかは重要なポイントです。優良な業者であれば、それだけ収益にも差が出ます。さて、そんな業者との契約には違いがあるのをご存知でしょうか。ここでは、アパート経営における管理代行とサブリースの違いについてご紹介していきます。
管理代行契約は、管理業務のみを行うので集金代行契約とも呼ばれています。管理代行に含まれる業務としては、入居者の募集や管理、保証金の授受、家賃回収、契約更新や改定、建物や設備の管理、クレームの対応などがあります。業者にアパートの管理をまかせて経営に集中できることがメリットといえるでしょう。かかる手数料は家賃収入の5%~10%程度です。
サブリース契約は、アパートを丸ごと借り上げて運営する契約形態で、一括借り上げともいいます。サブリースは管理代行にプラスして、家賃保証や空室保証のサービスを提供しているため、入居者の有無に関わらず安定した収入が得られるメリットがあります。ただ、家賃が保証されている分だけ手数料は少々割高になります。手数料はおよそ10%~15%です。どちらの契約を選ぶかの判断基準は、手数料を抑えたいなら管理代行、安定収入を望むのであればサブリースという事になります。アパート経営を始める際は、専門業者に依頼して管理してもらいましょう。

始める前に知っておきたい!アパート経営で失敗しないコツとは

これからアパート経営をしたいと考えている方はいらっしゃいませんか。家賃収入で収益を得たいなら、アパート経営は投資対象としてうってつけといえます。しかし、初めての方は不安に思うこともあるでしょう。そこで、ここではアパート経営で失敗しないためのコツをご紹介していきます。ひとつは業者選びです。
アパート経営では、業者によって収益に大きな違いが生まれます。優良な業者を選択することで、初期費用から10年、20年後の収益に差が出てくるのです。優良な専門業者に依頼するために、アパート経営プランを企画してくれるサービスの活用をおすすめします。アパート経営に関して何の知識もないまま立ち向かうのは危険ですので、セミナーに参加してみましょう。セミナーでは、経営のノウハウや注意するポイントなどを紹介してくれます。大金をかけて投資する以上は、こういった勉強を行うかどうかで成功率は変わってくるでしょう。
また、アパートを建てる際は、周辺の地域や建物を網羅しておきましょう。アパート経営では入居者が集まらなければ意味がありません。周囲の状況を把握しておくことで、入居者が得られるかどうか判断することができます。これらのことを実践、意識をしておけば、アパート経営は失敗しにくくなるでしょう。

新着記事一覧

2018/06/20
アパート経営の際の効率よい問題解決方法
2018/06/20
管理が大切になるアパート経営
2018/06/20
事前の知識で失敗しないアパート経営
2018/06/20
アパート経営の相談は専門業者にしよう

ギャラリー

アパート経営の際の効率よい問題解決方法

住人トラブルや近隣トラブルも専門業者に依頼して解決! アパート経営を行う上で問題となるのが、住人同士のトラブルや近隣とのトラブルです。普段は会社勤めしてアパート経営をするという場…

アパート経営の相談は専門業者にしよう

アパート経営に不安があるなら専門業者への依頼を検討してみよう 資産運用を考える人が増える中、その一つの方法としてアパート経営による収入の確保を検討する人が増えています。資産運用の…

管理が大切になるアパート経営

知っておきたい!アパート経営のメリットとは アパートの経営は不動産投資のひとつです。投資という以上メリットがなければ話になりません。ここでは、そんなアパート経営を行うメリットにつ…

事前の知識で失敗しないアパート経営

どういう違いがあるの管理代行とサブリースの違いをご紹介 アパート経営において、どの管理会社を選択するかは重要なポイントです。優良な業者であれば、それだけ収益にも差が出ます。さて、…

TOP