アパート経営を成功させるポイント

どのくらい必要になるアパート経営の初期費用についてご紹介

様々な投資対象からアパート経営を選んだ方もいると思います。そこで、気になるのがアパート経営にかかる費用です。ここでは、アパート経営にかかる初期費用についてご紹介していきます。
アパート経営において、まず必要となるのがアパートです。そこから新築か中古かを選び、専門業者に依頼して管理してもらうことになります。初期費用を具体的に挙げていきます。新築のアパートでは、本体工事、設備費、電気ガス工事費、地盤改良工事費、付帯工事費、不動産取得税、印紙税、登録免許税、建築確認申請等手数料、登記費用、ローンなどが必要になってきます。建築コストに関しては、建築場所や法律などの制約によって変化するので相場はないと考えてください。中古のアパートでは、不動産仲介手数料を支払うことになります。その他、税金や諸費用はアパートの価格のおよそ1割です。
建物のほかに、土地の費用も必要になるでしょう。土地の価格は立地条件によって変化します。立地の選定には、どんな入居者をターゲットにするか決めてから行うとよいでしょう。また、激安の土地を見つけた場合、市街化調整区域の可能性がありますので注意してください。土地の用意が必要か、または新築か中古でかかる初期費用は変わってきます。この後は維持管理費なども必要になるので、その点も考慮して自分に合ったアパート経営を行いましょう。

どう探せばいいアパート経営で利回りの高い物件を探す方法

アパート経営において重要となるのは利回りです。この利回りが高いか低いかで収入に開きができるため、どんなアパートを購入するか慎重に考えるべきでしょう。ここでは、高利回りのアパートの探し方などについてご紹介していきます。
利回りは投資資金に対するアパートの収益率のことで、数値が高いほど利回りも比例して高くなります。つまり、投資効率が上昇するということです。利回りには3つの種類があります。表面利回り、実質利回り、想定利回りがそうです。この中で最も重視すべき利回りは想定利回りです。なぜなら、想定利回りを自身で正確に計算できていれば、アパート経営という投資リスクを大幅に軽減できるからです。
では、想定利回りが高い物件はどのように探せばいいのでしょうか。まず第一に、インターネットで調べてみましょう。インターネットの発達によって、物件の比較調査がしやすくなりました。方法も手軽なのでとっかかりにもなるでしょう。不動産会社から紹介してもらう方法もあります。複数の不動産会社と接触し、良質な物件を紹介してもらいましょう。また、適用されている家賃が相場より高いかどうかも確認しましょう。想定利回りが相場より高い家賃で計算されている場合、収益が低くなってしまいます。アパート経営は専門業者に依頼して管理することが不可欠です。物件が決まったら、管理会社の選定も行うようにしてください。

特許を取得したキソゴム採用したことで、地震による建物の大幅に軽減し、倒壊リスクを避けます。 販売だけでなく管理まで行う、オーナー第一主義会社がアイケンジャパンです。 アイケンジャパンはお客様との信頼関係の向上に努め、日々努力をし続けます。 アパートオーナーは魅力的だけど、アパート経営はリスクが高そう?土地代が高いのでは?そんなことはありません。 アパート経営をお考えでお悩みのかたは必読

新着記事一覧

2018/06/20
アパート経営の際の効率よい問題解決方法
2018/06/20
管理が大切になるアパート経営
2018/06/20
事前の知識で失敗しないアパート経営
2018/06/20
アパート経営の相談は専門業者にしよう

ギャラリー

アパート経営の際の効率よい問題解決方法

住人トラブルや近隣トラブルも専門業者に依頼して解決! アパート経営を行う上で問題となるのが、住人同士のトラブルや近隣とのトラブルです。普段は会社勤めしてアパート経営をするという場…

アパート経営の相談は専門業者にしよう

アパート経営に不安があるなら専門業者への依頼を検討してみよう 資産運用を考える人が増える中、その一つの方法としてアパート経営による収入の確保を検討する人が増えています。資産運用の…

管理が大切になるアパート経営

知っておきたい!アパート経営のメリットとは アパートの経営は不動産投資のひとつです。投資という以上メリットがなければ話になりません。ここでは、そんなアパート経営を行うメリットにつ…

事前の知識で失敗しないアパート経営

どういう違いがあるの管理代行とサブリースの違いをご紹介 アパート経営において、どの管理会社を選択するかは重要なポイントです。優良な業者であれば、それだけ収益にも差が出ます。さて、…

TOP